ラクトフェリン:
 

これ、意外とサプリメントで目に特化したサプリでは使っていないです。
 

目に良いサプリを考慮するなら、このラクトフェリンも入っていた方が良いです。

今現代の人は長時間、スマホを見ているひとが多いので、慢性的に眼精疲労、ドライアイやストレスがかかっている方が多いからです。

 

そんな時に取りたいのがラクトフェリン配合のサプリメントですね。これ、眼精疲労だけじゃなく、ドライアイにも効果ありなのです。
 

ラクトフェリンは私も一押ししている要素で、ルテイン、ゼアキサンチン、アスタキサンチン、ビルベリーという目に重要な要素の中に入るものだと思っています。

しかし、目のルテインサプリにラクトフェリンも配合されているものは日本のサプリでは私が作ったサプリメント以外に見たことがありません。

 

ラクトフェリンは、母乳に含まれているタンパク質で、涙や消化液や粘膜に存在しています。

ラクトフェリンは涙に含まれており、乾燥やウイルスから目を守ってくれます。

粘膜保護の役割があり、先ほど述べたドライアイにも効果あり、というわけです。

 

その他の機能として、腸内フローラを整えビフィズス菌を増殖させるので、飲み始めてから腸の調子が良くなりました。
 

腸は第2の脳と言われるほどですから、目だけではなく腸も調子が良くなるのはうれしいことです。
 

ラクトフェリンが注目されている理由としては、他にも老化抑制、免疫力の増強、鎮痛作用、アレルギー抑制などの効果があるからでしょう。